内容証明誓約書示談書作成代行

在留資格取得許可申請手続概要

Share on Facebook

手続根拠

出入国管理及び難民認定法第22条の2

手続対象者

日本の国籍を離脱した者又は出生その他の事由により上陸の手続を経ることなく本邦に在留することとなる外国人で、当該事由が発生した日から60日間を超えて本邦に滞在しようとする方

提出時期

資格の取得の事由が生じた日から30日以内

提出方法

申請に必要な用紙に必要事項を記入し、添付書類を用意して、地方入国管理官署の窓口に提出します。

提出者

1  申請人本人

2  申請の取次の承認を受けている次の者

○  申請人が経営している機関若しくは雇用されている機関の職員

○  申請人が研修若しくは教育を受けている機関の職員

○  外国人の円滑な受入れを図ることを目的とする公益法人の職員

3  地方入国管理局長に届け出た弁護士又は行政書士

当事務所の行政書士はこれにあたります。

4  申請人本人の法定代理人(※)

※  法定代理人:申請人本人が16歳に満たない者又は精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者若しくはその能力が著しく不十分なものである場合における申請人本人の法定代理人に限ります。

5  申請人本人が疾病(注1)その他の事由(注2)により 自ら出頭することができない場合には,その親族又は同居者若しくはこれに準ずる者で地方入国管理局長が適当と認めるもの

(注1) 「疾病」の場合,疎明資料として診断書を持参する必要があります。

(注2) 「その他の事由」には,人道的な理由が該当し,多忙で仕事が休めないなどの理由は入りません。

手数料

手数料はかかりません。

必要書類・部数

・ 申請書(1通)

・ 次の区分により,それぞれ定める書類1通

ア  日本の国籍を離脱した者:国籍を証する書類

イ  出生した者:出生したことを証する書類

ウ  ア及びイ以外の者で在留資格の取得を必要とするもの:その事由を証する書類 (資料の提出にあたっては法務省令で定める資料以外にも提出を求める場合があるとともに,法務省令で定める資料の提出を省略する場合もありますので,詳しくは,地方入国管理官署又は外国人在留総合インフォメーションセンターにお問い合わせください。)

・ 身分を証する文書等の提示 (代理者若しくは申請取次者が申請を提出する場合)

提出先

居住地を管轄する地方入国管理官署(地方入国管理官署又は外国人在留総合インフォメーションセンターにお問い合わせください。)

受付時間

平日午前9時から同12時,午後1時から同4時(手続により曜日又は時間が設定されている場合がありますので,地方入国管理官署又は外国人在留総合インフォメーションセンターにお問い合わせください。)

相談窓口

地方入国管理官署又は外国人在留総合インフォメーションセンター

審査基準

・申請に係る本邦において行おうとする活動が虚偽のものでなく,出入国管理及び難民認定法別表第一の下欄に掲げる活動又は別表第二の下欄に掲げる身分若しくは地位(永住者の項の下欄に掲げる地位を除く。)を有する者としての活動のいずれかに該当し,かつ,在留資格の取得を適当と認めるに足りる相当の理由があること。

標準処理期間

2週間~3か月

不服申立方法

なし

ご覧いただきありがとうございました。

ようこそ

ご質問・ご相談は無料Freeですのでお気軽にお問い合わせください。

電話番号 077-535-4622

メールはこちらのフォームからお願いします。

京都・大津・滋賀の帰化申請に関する業務案内はこちらから

このページの先頭へ