内容証明誓約書示談書作成代行

3.素行要件

Share on Facebook

素行が善良であること

素行が善良であるとは、世間一般の日本人の素行と比較して劣らない事をいい、前科・非行歴の有無等から判断されます。

犯罪歴や税金の滞納はもちろんですが、交通違反歴なども審査の対象となります。

運転経歴

駐車違反などの軽度の違反程度であれば、問題ありません。

軽度の違反であっても、回数が多い場合や酒気帯びなどで免許停止処分を受けている場合では、法令順守意識が欠けていると判断され、審査に大きく影響することもあります。

前科・犯罪歴

日本国の法律を守るという事への意識(法令順守意識)があるかどうかについて判断されます。

犯罪歴の内容にもよりますが、かなり昔の場合には、問題がない場合もあります。

破産歴

日本国内でしっかりと生計を営み私有する財産の管理が出来るか否かの判断資料となります。破産理由にもよりますが、免責を受けてから数年以上経っていれば、問題がない場合もあります。

納税状況

納税は国民の義務です。所得税や都道府県民税、会社経営者であれば法人税、法人事業税などで、帰化申請には、各種納税証明書を申請時に添付するため未納の部分があれば、完納しておく必要があります。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ようこそ

ご質問・ご相談は無料Freeですのでお気軽にお問い合わせください。

電話番号 077-535-4622

メールはこちらのフォームからお願いします。

京都・大津・滋賀の帰化申請に関する業務案内はこちらから

このページの先頭へ