内容証明誓約書示談書作成代行

5.国籍要件

Share on Facebook

日本国民は、原則として二重に国籍を保有することを認められていないため、帰化許可申請が無事に受理され帰化の許可があった場合、つまり日本国籍を取得した場合には、帰化許可申請の前に保有していた母国の国籍は失われることになります。

多くの国では自国民が外国に帰化すると当然に国籍を喪失することになりますが

中には外国の国籍を取得した後でなければ自国籍の喪失を認めない国(ニュージーランドなど)や未成年については喪失を認めない国(ブラジル・インドなど)もあります。

例外

国籍要件にも以下の例外があります

「外国人の方が、その意思にかかわらずその国籍を失うことができない場合において、日本の法務大臣が日本国民との親族関係又は境遇について、特別の事情があると認めるとき」には免除される事があります

ご覧いただきありがとうございました。

ようこそ

ご質問・ご相談は無料Freeですのでお気軽にお問い合わせください。

電話番号 077-535-4622

メールはこちらのフォームからお願いします。

京都・大津・滋賀の帰化申請に関する業務案内はこちらから

このページの先頭へ