イメージ画像

帰化の際に必要な翻訳

Share on Facebook

帰化の際には本国の資料を翻訳しなければなりません。

翻訳文には翻訳年月日・翻訳者住所・氏名・押印が必要になります。

単純なものなどはこちらで翻訳してしまう場合もあります。

もちろんご自身でしていただいてもかまいません。

ただ困るのが本国の資料の署名がくずされている場合です。

ここからは体験談で。

中国語の場合は簡体字な上にくずしが入っていると解読不能になったりします。

そのような場合は問い合わせてしまうのですが、中国大阪領事館は午前中のみで電話がなぜかつながりにくい。

あまり期待せずに署名部分のみ写真にとってメールしてみたら意外と早く回答いただけました。

領事館系はどうしても電話という先入観念があったのですが、メールするのもいいのかもしれませんね。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらのメールフォームをご利用ください。(24時間対応)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ